• JP
  • EN

ジェスチャー!宇宙兄弟 ジェスチャー!宇宙兄弟

Let's Nyanbo! Let's Nyanbo!

R&D

宇宙兄弟作品内の特徴的なシーンのキャラクターと同じポーズをすることで、壁面にその場面のキャラクターや吹き出しが出現して記念写真を撮ることができる、デジタルインタラクティブな参加型展示コンテンツ。 ボーントラッキング技術を用いた"Gesture Capture System"(ジェスチャー・キャプチャー・システム)を独自に開発し利用。TeNQ 宇宙兄弟展#3(2021.11~2022.2)にてご体験いただきました。 By posing as the characters in iconic scenes in the Space Brothers’ works, the characters and speech balloons of the scenes will appear on the projected wall, and visitors can take commemorative photos after. The Gesture Capture System, which uses bone tracking technology, was originally developed and used in the TeNQ Space Brothers Exhibition #3 (2021.11~2022.2).

  • 施設:宇宙ミュージアムTeNQ
  • 総合プロデュース:東映エージエンシー
  • ©Chuya Koyama/Kodansha
  • Producer + Planner : Atsuro Miyako (Konel)
  • Art Director : Andraditya Respati (Konel)
  • Technical Director + Engineer: Kyosuke Saito (Konel)
  • Designer + Engineer : Kanata Yamagishi (Konel)